エロゲ

No.152 アマカノ:星川こはる

最初から子犬のように懐いてくれるけど恋人同士になると、ところかまわず抱きついてきたり、ペロペロしてきたりとべったり甘えまくりの後輩 後輩の女の子で温泉街の甘味処「こはるびより」の看板娘。人懐っこく、いつでも元気で誰とでもすぐ打ち解ける。感情…

No.151 キミトユメミシ:柊真里奈

主人公の一学年先輩で生徒会長。由衣、七ノ羽と幼馴染み。柊英学園、柊総合病院の母体である柊医療財団の令嬢。学内で最もお金持ちだが誰よりも押しに弱く、いつも何かの雑用を押しつけられている。再婚で柊家に入った実の母の立場が悪くならないよう、柊総…

No.150 キミトユメミシ:時雨

主人公の後輩。バレーボール部員。主人公が頭痛の相談をしている主治医の娘で、子供の頃から柊英学園に出入りしていた。日本と日本語が大好きで、淫語とオノマトペは特に重点的に勉強している(本人談)。身長は低いがテンションは高く、体はちっちゃいがお…

No.146 聖エステラ学院の七人の魔女:天賀瀬智美

裕福な家庭に生まれ、何不自由なく育つが、不幸な事故により目の前で両親を失い、助けられなかった自分を責め自ら望んでこの学園に入学する。育ちの良さからか人当たりが良く、温厚い。智美は魔女の存在と力に憧れ、それを信奉する女学生たちによるサークル…

No.145 聖エステラ学院の七人の魔女:滝沢茉奈

社交的で好奇心旺盛。人を見る目はシビアで、見限った相手に対しては非常に淡泊だが、一度気に入った相手には積極的にアプローチしてくる。その言動からいい加減なお調子者に見られることが多いが、実際はシビアな現実主義者。

No.144 少女神域∽少女天獄:澳城迪希

主人公・稜祁恂の幼なじみで、佳城市で最も影響力のある澳城家の一人娘。惺鳳館学園の卒業生であり、現在主人公と同じ十都川大学に在籍している。 今回、故郷の神社で行われる神事に巫女として参加するため、彼と共に町へ戻ってきた。 名家の一人娘として周…

No.143 えれくと!:ユーフォリア・トリニティ

リリスティア国際学園5年生の、本来なら大学に通っているぐらいの大人びた女性。長く伸びた美しい黒髪が特徴的な和風美人で、その所作や雰囲気も到底サキュバスとは思えないほど穏やか。見ているだけで癒されてしまうような人である。

No.141 ここから夏のイノセンス!:久万里寿

晶生村の村長の娘。物静かで落ち着いた物腰の、まさに大和撫子といった印象の和風少女。歳が近いこともあり、父から未来人たちの面倒を見るように言いつかっている。言葉遣いこそ丁寧だが無愛想で冷めた物言いも多く、いつも一歩引いた潔癖な性格。しかし根…

No.139 憑夜ノ村:上条栞

いつもニコニコしているが、腹の中では数多の計算を巡らせるタイプ。男たちに気に入られる、虜にするために仕草や身だしなみにとても気を使っている。智樹のことだけを考えてこれまで過ごしてきたため、智樹に対してものすごい執着がある。

No.138 鎖 -クサリ-:折原志乃

折原明乃の母。主人公とも顔見知り。 おおらかで無頓着な性格だが、れっきとした船舶に関する研究者。今回の試験航海でも責任者っを務め、船長をはじめとした船員からの信頼は厚い。色白で大人っぽい体つきだが、それでいてどこか少女っぽい部分を残している…

No.137 花の野に咲くうたかたの:桜花

桜花荘に棲みつく自称『幽霊』の少女。頭脳明晰、容姿端麗の上に超がつくほどの現実主義者だが、自分の存在を棚上げするのがたまに傷。自身の存在と発生に疑問を抱いており、解明に力を貸してくれる道隆には恩義を感じている。 長らく外に出られなかったため…

No.133 花の野に咲くうたかたの:藤宮千歳

桜花荘の隣に住む大家さん一家の長女。千歳の姉で、道隆や麗奈にとっても子供の頃から慣れ親しんだお姉さん。穏やかな気質で寛容な性格をしている。道隆達とは違う同じ市内の進学校を出ており、短大卒業後に仕事についている。両親が共働きのため子供の頃か…

No.132 花の野に咲くうたかたの:井之上麗奈

道隆とは物心ついた頃からの幼馴染であり親友。気が強く運動神経抜群のため、幼い頃は男の子に混じって遊んでいた。成長した後も根本的な気質は変わっておらず、自身の性別、容姿には無頓着な部分がある。そのためトラブルに巻き込まれる事も。今の学園に入…

No.131 花の野に咲くうたかたの:藤宮汐音

桜花荘の隣に住む同学年の従妹で、桜花荘の管理をする大家さん一家の次女。住んでる家ともども元は死んだ祖父が持っていた建物で、その縁で子供の頃に引っ越してきた。道隆や麗奈とはその頃からの付き合い。両親が共働きのため、姉の千歳が藤宮家の家事を支…

No.130 聖騎士Melty☆Lovers:フレイ=ノールズ

主人公のクラスメイト。流麗な剣技で周囲を魅了し、今年の首席卒業候補ではないかと目されている。しかし一方で、他人とコミュニケーションを取ることがほとんどなく、会話も最低限で済ませてしまう。そんな彼女の周りには当然、浮いた話など一つもない。 彼…

No.129 紙の上の魔法使い:伏見理央

藤壺学園 1年2組。図書館の、雑用係。幼い頃に図書館の主に拾われてから、以来この図書館に居候させてもらっている。性格は天然混じりの超ポジティブ少女。いつもニコニコ柔らかな微笑みで、周囲を和ませてくれるムードメーカー。家事全般がとても得意で、特…

No.128 物静かで美人のママに強引に強制射精させられるボク:白羽静葉

主人公の母親。専業主婦。地味で物静かだが、親しみやすい巨乳美人ママ。少年ペニスが大好きなドヘンタイの才能を眠らせている。外柔内剛タイプで、他人に対しては優しくおとなしいが、内面的には自分をきびしく律している。しかし、実はかなりの情熱家で、…

No.127 俺のニオイは発情スイッチ:熊倉いすず

主人公にニオイで発情しちゃう幼馴染。小さな身体なのに柔を操ることに長けており、それを利用して相手を制するという「柔能く剛を制す」の体現者であり、柔道の腕前は随一。周りからも将来を期待されており、本人も期待に応えようと日夜練習に励んでいるス…

No.126 俺のニオイは発情スイッチ:清水凛香

主人公にニオイで発情しちゃう生徒会長。容姿端麗、学年トップクラスの成績優秀者で、運動神経抜群。そのため学園のマドンナ的存在で、生徒と教師も含めて皆の憧れの的。欠点らしい欠点がないように見えるが、唯一の欠点がある。それは、ニオイに対して過度…

No.125 姉妹となう。:大庭琴葉

弟を溺愛している、美人でモデルの姉。温厚でわりとのんびり屋、おっとりほややんとした性格。学業の傍らモデルとして活動し、家計を支えている。

No.124 沈黙の女学園:新浪美園

学園の理系教師。学校にいるときは常に白衣をまとっている。頭脳明晰で教え方も良いため、彼女が就任後、学園の理系のレベルが高くなったという実績がある。しかし性格に問題があり、変わり者のため学生から敬遠されている。「ある目的」の為に聖嶺学園へ着…

No.123 沈黙の女学園:六条沙耶子

私立聖嶺学園の学園長で懐が深い大人の女性。教育熱心な上に経営感覚にも優れている。仕事は順調な半面、私生活では夫との仲は上手くいっておらず悩みの一つである。

No.122 沈黙の女学園:神守琴音

主人公の妹。今年、兄の着任と共に学園に入学した一年生。主人公と二人暮らしで、兄の事を誰よりも信頼し慕っており、“お兄ちゃんのお嫁さんになりたい”という密かな願望があるのだが……。

No.121 対魔忍ユキカゼ:秋山凜子

学園の先輩対魔忍。ゆきかぜの幼馴染で姉のような存在。主人公・秋山達郎は弟。太刀の使い手。忍びの里に代々伝わる剣術『逸刀流』の皆伝。〝斬鬼の対魔忍”と恐れられる手練の美しき剣客。妹(ゆきかぜ)と弟(達郎)の世話をやくのが趣味で二人にとことん優…

No.120 お兄ちゃん!! 射精の管理は妹に任せて!!:清水愛菜

誠耶の義理の妹。母親が再婚するまで一人っ子だったため、兄が出来て嬉しいのか誠耶に対して甘えまくる。思い込みの強い性格で、誠耶がテクノブレイクした事も重く考えており杏果の考案した射精管理に賛同する。

No.119 お兄ちゃん!! 射精の管理は妹に任せて!!:清水杏果

誠耶の妹。面倒見のいい性格で正義感が強い。誠耶に対しては激甘な所があり、頼まれたら断れない。幼い頃から誠耶に対して家族以上の気持ちを抱えている。 いけないことだと思いつつも、誠耶に情けない理由で死なれては困るので、射精管理をすると言い出す。

No.118 逆転魔女裁判:姫野ゆき

サブヒロイン 主人公の憧れでクラスの学級委員で、薫の用意した逆転魔女裁判の弁護士。 じつは薫の気まぐれで肉便器にされた、誰にでも股をひらくビッチ。

No.117 逆転魔女裁判:艶間薫

メインヒロイン。 学校では巨乳で美人な孤高の優等生。 本当は魔女の子孫で、特技は謎の薬作成。 クールな見た目と裏腹に享楽的な性格。 欲望に素直で、その為には手段を択ばない。 逆転魔女裁判の裁判長にして検事。

No.116 貞操観念ZERO:槍間繰子

槍間家三姉妹の長女。商社勤めのOL。高卒のコネ入社で勤続5年目。一見すると清純そうな女性なのだが、頭の中は常時チ○ポのことでいっぱい。普段は清楚な顔をして猫を被っいるが、お酒が入るとタダが外れドスケベな本性が出てしまう。そのため、周りにセック…

No.115 姫汁:御剣姫子

王立学園に日本の推薦枠で通っていた「御剣フーズ」のご令嬢。故郷を離れ1人海外で暮らしてきた気骨者。同じ日本人であることから「しょうがありませんわね!」とツンツンしながら初めてできそうな友人でもある主人公についデレてしまう。頑な姿勢とYAMATO魂…