No.85 グランブルーファンタジー:サーヤ

怪盗を追い詰めた、ただ一人の探偵に憧れ、少女は彼の助手になることを決めた。 鋭き洞察力と直感で数多くの事件の謎を探偵の代わりに解き明かし、 いつの日にか探偵が怪盗を捕らえることを夢に見て、今日も虫眼鏡片手に駆け回る。

f:id:inmuprincess:20161226013600j:plain