No.91 九十九の奏:伏姫

九十九神・白蛇精に呑まれ掛けた一二三を救った制服姿の少女。
その手には旧日本軍の自動小銃・南部十四式が握られていた。
少女の名は伏姫。
目覚めたときは、本当の名も家族のことも、過去の全ての記憶を失ってた。
憶えていることはその手に握られた拳銃が九十九神・八房という名であること。
そして、自分は誰かを守ると約束したことのみ。
現在は、一二三の姉、鳴鳴の家に身を寄せている。
普段は子供っぽい性格だが、戦闘時には凛々しくクールな性格に変貌する。

f:id:inmuprincess:20120906165806j:plain

小さめに見えるけどスチルだとパイズリ出来る程度にはあります